Reflexology salon

京都 御池店

 

 
news
 
 
リフレクソロジーについて
about Reflexology
 
 
サロン
Salon
 
 
東京サロン
Tokyo

 
 
ワークショップ

イベント
Workshop&Event
 
 

教室
class

 
 
リフレクソロジーによるケア
care
 
 
物販
goods
 
 

プロフィール
profile

 
 
お問い合せ
contact
 
 
健康工房
staff blog
 
 
Facebook
 
 

 

 
 
『リフレクソロジーによるケア』

このコーナーでは、ご自宅で簡単にできるセルフケアをご紹介いたします

 

『足は第二の心臓』『老化は足から』という言葉があります。

体の中で、足はとても大事な役割をしてくれています。
人間が二足歩行をするようになってから、足は常に体の一番下にあり、二本だけで絶妙なバランスをとりながら全体重を支えています。

体の不調や心のストレスも支えて、本当に健気に毎日黙々と頑張っているのです。そんな足を、反射区を覚えてケアすることで、ご自身の健康の維持や増進に役立たせることが出来ます。

点で存在するツボと違い、反射区はゾーンなので場所を見つけやすく覚えやすいのです。

その為、特別な道具もいらずに、誰でもがお手軽にできるところが、リフレクソロジーの良いところです。

 

毎日揉むと体調の変化も感じやすくなります。

お薦めなのは、フットバスやお風呂に入った後に行うこと!!

体が温まっている状態だと、より効果が高くなります。

皮膚を傷つけず滑りが良くなるように、お気に入りのアロマオイルやハンドクリームなどでトライ!!

お肌もつるつるになり、一石二鳥です。

リフレクソロジ―をあなたの生活の中に取り入れてみませんか?

 

 
 
セルフケアを行う前に下記に記載されている!セルフケアを行う上での注意事項!を必ずお読みください。
 


INDEX

アイケア

ホルモンバランス


!セルフケアを行う上での注意事項!

 

強過ぎる刺激は、身体の負担になります。
又、骨や血管を傷つける恐れがあるので、気持ち良いくらいの力で行ってください。

揉みほぐした身体の老廃物を体外に排出するために、 お白湯やカフェインのない温かい飲みものを飲みながら行いましょう。

摂取量の目安は500ccです。摂取量が少ないと、身体がだるくなることがあります。

 
 
 
『リフレクソロジーを行わないほうが良いとき』
  • 食後1時間
  • 高熱があるとき
  • お酒をたくさん飲んだ時 
  • 妊娠の可能性がある時 
  • 足にケガや捻挫をしている時
  • 下肢に重い静脈瘤がある時
  • 生理の時は行っても大丈夫ですが、人によっては量が増えることもあります。
    貧血気味の方は注意をしてください。
  • 次の病気や既往歴がある時
    重度の糖尿病・重度の骨粗鬆症・伝染病にかかった時・心臓にかかわる病気・腎臓にかかわる病気・脳にかかわる病気 
  • 現在医師の診療を受けている時
 
 
  リフレクソロジーは、健康の維持と増進を目的とした健康法です。
効果や反応には個人差があります。又、体調によって、同じケアをしても体の反応が違ってくることもあります。
お疲れが強い場合、好転反応で一時的に微熱が出たり、身体がだるくなったり、じんま疹のようなものが出たりすることがあります。
通常は短期間でおさまりますが、少しでも気にかかることがある時は医師に相談するか、専門家からのアドバイスを受けてください。
 
 

 

Λ

 

copyright(c)2000 Reflexology Kenkoukoubou all rights reserved.